今日の話題ピックアップ最新の記事

倖田來未の羊水腐ってる発言の根拠!?卵子老化のメカニズムとは

倖田來未が「35歳以上の羊水は腐ってる」発言で騒がれたのは
もう5年も前の話なんですね。

羊水は濁ることはあっても腐ることはない。
とはいえ、本当に女性が35歳以上になると妊娠しにくくなるから、
あの発言もあながち間違ってはいないと賛同者も多かったですね。

実際、女性の卵子は年齢とともに老化し、35歳以上の女性が
出産できる可能性は20代のなんと50%!
妊娠しにくくなるのは卵子の老化が原因だけど、
そのしくみははっきりとは分かっていませんでした。

今回、米ニューヨーク医科大がその原因を突き止められました。
卵子のもととなる卵母細胞のDNAが傷ついた時、
高齢になるほど傷ついたDNAを修復する4つの遺伝子の働きが
低下することがわかったのです。

この発見から、卵母細胞のDNAを修復できれば
卵巣の老化速度を遅らせることができ、不妊治療に
希望を持つこともできるそうです。

最近は不妊治療に通ってつらい思いをしているカップルも
とても増えています。
今の女性は30過ぎてもみんな若くてキレイだし、
晩婚化も進んでいるけど、生理的に子供を産めるかどうかは
また別問題ですね。

子供が欲しい女性はやっぱり
早めに結婚しちゃったほうがよろしいようです(*´ェ`*)

婚活